ブログ

事例1113 「鋼製束施工不備」

本日、帰りの新幹線、エクスプレス予約ができない。

カード会社へ問い合わせしたところ、限度額を超えそうとのこと。
急遽、窓口で購入しましたが、スマホでチケットが買えないのは不便です。

カード会社へ連絡し、限度額を上げてもらいます。

 

■(1)今回の事例______________

「鋼製束施工不備」
_______________________

◆写真解説

1階床を支える鋼製束。
大引きを受ける箇所が半分折り曲げられ、かつ、ナットも締まっていない。

 

◆内容説明

床下点検口を設ける時、邪魔なので折り曲げ、
あとから直そうとして、そのままになった。

ジャッキ部のナットの締め忘れも、家全体で5ケ所ほどあった。

床下で指摘されないことが多く、大工は手を抜きやすい。

鋼製束が動けば、床鳴りなどの原因となる。
地震などで床が壊れないためにも、きちんとした施工が大事です。

 

◆対策

完成時に床下を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

「免震装置、KYBが不正 データ改ざん」
不正や改ざんのニュースはたくさんありすぎて、驚かなくなりました。

消費者が飛びつきたくなる商品。
販売ができないと会社の売り上げに大きく影響する。
ズルしてでも認定を通したかったのでしょう。

住宅では免震装置を見かけなくなりました。
制震装置にシェアを奪われたためだと思います。

不正した装置を取り替えるとなるとKYBは費用を負担できるのでしょうか?
今後の動きに注目です。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影