ブログ

事例1124 「断熱材の不備」

今年の冬は暖かいです。
富士山や長野や岐阜県でも雪は少なめ。
名古屋でコンクリートの凍結を懸念した日は、1日だけです。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱材の不備」
_______________________

◆写真解説

天井断熱材が散乱。よく調べると材料が足らなかったために端材で代用。

材料費やごみ処分費を浮かした。

 

◆内容説明

瑕疵検査で屋根裏に入ると、一部で断熱材が散乱していた。
軒先に近く、体が入りにくい箇所でしたが、
近づいて見てみると、断熱材をカットした際に出た端材だった。

天井断熱材の設計厚さは200mm。
材料が足らなかったため、ゴミ箱行きの端材をかき集め、
投げ捨てたと思われる施工。

すき間だらけのため、断熱効果はかなり軽減される。

見えない箇所でバレないと思ったのでしょう。
悪質な大工です。

 

◆対策

仕事が雑だと感じた時は、各所点検してみる。
見える箇所が雑なら、見えない箇所はもっと雑。

 

==============================

■(2)編集後記

今週は裁判の仕事が集中しています。
明日も5時台に家を出ないといけません。

建築の裁判は、できれば避けるべきです。
相手にもよりますが、裁判中は不快な思いをすることが多く、
いいことはほとんどありません。

最近は早い段階で弁護士を頼む業者が増えています。
話し合いより、金銭や時間が節約できると判断しているからでしょう。

裁判を避けるには、争わない業者に依頼をする。
私が知っているだけでも何社か争わない方針の会社があります。
経営者の考え次第です。
ただし、滅茶苦茶な要求をした場合は対応が違うかもしれません。

最近はインスタで依頼先を決めたという話も伺いますが、
契約までに相手の会社のことを知ることが重要です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影