ブログ

事例1134 「躯体の濡れ」

昨日までの特に午前中の寒さは、厳しかったです。
今日は暖かくなる予想で、うれしいです。

夕方まで現場。次の現場の合間に更新してます。

 

■(1)今回の事例______________

「躯体の濡れ」
_______________________

◆写真解説

屋根合板の濡れたあと。長期間、雨に濡らしたために水シミあとが目立つ。
垂木間ではやや合板に反りも出ている。

 

◆内容説明

躯体組み上げ(上棟)後の雨仕舞が遅く、雨に何度か濡らした。

せっかく乾燥した材木を搬入しても、何度も雨に濡らせば
乾燥材を入れた意味が無い。

完成してから結露などの原因になることがある。

合板製造側の組合が、多少の濡れは影響がないと告知している。
確かにその通りです。
工事中、雨に濡れることをそれほど心配しなくて良いですが、
養生をせず、長期間、濡れたままにすることはよくないです。

 

◆対策

できるだけ濡らさない努力をするよう、事前に伝える。

 

 

==============================

■(2)編集後記

依頼が来たものをすべて抱え込むのではなく、
私が行かなくても、他の優秀な専門家に委託できるものは、
紹介という形で、他社へふるようにしております。

弊社が間に入り、経費を取ることもないですし、紹介料を頂くこともありません。

先日、音の調査依頼を業者から受け、専門の方を紹介しました。
紹介した方が、前金でのご請求をしたところ、その会社は前払いが会社の規則で
できないため、弊社に代わりに支払ってくれと言ってきました。

この件に関し、全く関りがないため、当然拒否しましたが、
お願いをしてくる担当者の非常識さにあきれました。

この会社は一部上場企業。会社の規模はかなり大きい。
その割に、内部の体制は非常にだらしない。
そのだらしのなさが、現場品質にも表れています。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る