ブログ

事例1136 「コンセント、スイッチ防火被覆未施工」

慌ただしい1週間でした。
明日は現場3件、打ち合わせ2件。余裕がない日になりそうです。

 

■(1)今回の事例______________

「コンセント、スイッチ防火被覆未施工」
_______________________

◆写真解説

防耐火性能を高めた家。コンセント開口に防火被覆の措置がない。
石膏ボードの開口や取り合いは、防耐火上の弱点となりやすい。

 

◆内容説明

未だに指摘が多いので紹介します。

石膏ボードは火に強い材料ですが、そこに開口があると弱点となる。
壁には多くのスイッチ、コンセントが付くため、省令準耐火構造の規定では、
以下のいづれかで被覆することが求められる。(木造住宅工事仕様書)
・壁内に入るBOX自体を鋼製にする
・グラスウール、ロックウール、又は石膏ボードでBOX裏を被覆、
・簡易耐火プレートの施工

木造3階などの準耐火建築物でも基本的には同じですが、
コンセント開口などの被覆の規定が告示等にないため、未施工の現場も多い。

省令準耐火構造は、火災保険を割り引くための仕様であり、
建築基準法に関係しない。
特に現場検査などはなく、間違えて施工し続けても、
誰も気づかないケースが多い。

基準法に抵触しなくても、契約内容どおりでないため、瑕疵に該当します。

 

◆対策

省令準耐火構造や準耐火建築物など防耐火性能が高い仕様の場合、
コンセント開口などの仕様をチェックする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

建築関係で10連休を取る会社も多いようです。

ただし、請負の職人さんは、10連休を取ると月の収入が2/3になるため
現場自体は動くと思います。

職人さんが現場に出ると、現場監督は電話をあけておく必要が出ます。
この辺りを改善していかないと、現場監督を希望する人が増えません。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る