ブログ

事例1151 「鉄筋コンクリート壁の雨漏り」

8月は出張が少なかったように思えますが、
数えると4回行ってます。

来月の出張はやや多め、年内に海外2箇所へ行く予定もあり、
うまくスケジュールを立てないといけません。

スケジュール管理を他の人に任せようと何度か考えましたが
仕事が一様ではなく、移動ばかりなので、自分でやらないと無理があります。

 

■(1)今回の事例______________

「鉄筋コンクリート壁の雨漏り」
_______________________

◆写真解説

鉄筋コンクリート造の外壁。
各所にひび割れがあり、雨漏りで室内にカビが発生した。
壁と断熱材をめくり位置を特定。

 

◆内容説明

分譲マンションの高層階。部屋が湿気てカビが発生。
カビ臭くて住めなくなった。
原因を特定するため、雨漏り検査を実施。

保険会社へ原因を報告するため、室内の壁を撤去した。
コンクリートをあらわにしたところ、ひび割れを多数発見。
全ひび割れ箇所から雨が入っていた。

ウレタンを吹きつけているが、それで止水はできず
床まで水が落ちていた。

 

◆対策

ひび割れを入りにくくする研究は進んでいますが、
ゼロにすることは、今でもかなり難しい。

外からの定期的な点検でひび割れを見つけ、修理する。

 

==============================

■(2)編集後記

電話での無料相談は一切行っていませんが、
今週も多くの無料相談希望のお電話を頂いております。

電話で説明を受けても状況がよく分かりません。
こちらの想像で答えて、何か迷惑をかけてもいけませんし、
有料で相談をされている方に申し訳ないです。

相談を希望される方は、有料相談予約をしてください。(面談又は電話)

特例として、紹介者(過去の弊社のお客様)がいる場合は、
無料対応することもあります。

その場合においても、電話ですと紹介者の照合がすぐにできない
こともあるため、メールで連絡を頂くと確実です。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る