ブログ

事例1154 「鉄骨階段脚 固定不良」

明日からの3連休。
渋滞を避けるため、遠くの予定は入れてなく、
近場の現場予定をいくつか入れてます。

 

■(1)今回の事例______________

「鉄骨階段脚 固定不良」
_______________________

◆写真解説

基礎スラブ上の鉄骨階段の脚(躯体は木造)。
下の隙間をモルタルで埋めていない。
アンカーボルトが荷重を保持している状態。
アンカーボルトは本来、引抜きに抵抗する役割。

 

◆内容説明

木造住宅で鉄骨製の階段を設置する場合、
1階床では支えきれないため、基礎で支える。

完成時に床下に入ったところ、写真のような状態を発見。
現場監督に伝えると、これで十分だとの返事。

階段本体と人の重さだけなので、持たないことはないが、
不安定な状態で安全の保証ができない。

その後、補修をしてもらいました。

某大手メーカーの現場では、過剰なくらいコンクリートで脚を固めます。

 

◆対策

施工時にチェックするか、完成時に床下に入る。

 

==============================

■(2)編集後記

消費税UPがあと10日後に迫りました。

スタートが9月でも、来月以降に完了する検査は、消費税が10%になります。

弊社は、キャッシュレス・消費者還元事業、登録店舗のため
相談料においてキャッシュレス決済が増えると予想しています。
新しいカードリーダーも届きました。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る