ブログ

事例1173 「柱脚の錆」

いろいろな事が延期、中止になっています。
私の仕事では、セミナー類に影響が出ています。
来月に予定していた一般向けのセミナーも延期。

セミナーがメインの仕事ではないため、
空いた時間は別のことにまわせます。

 

■(1)今回の事例______________

「柱脚の錆」
_______________________

◆写真解説

雨漏りが原因で柱脚が濡れ、錆が発生。
すでに表面が剥離し、断面欠損が起きている。

 

◆内容説明

雨漏りしている壁を解体したところ
鉄骨の柱脚がひどく錆びていた。

わずか3年ほどで1mm以上の断面欠損。
鉄骨柱の内部は空洞。
鋼管の厚さは5mm程度のため、同じように進行が続けば
15年で厚みゼロになる。

 

◆対策

錆の原因となる雨漏りを早期に発見し、修理をする。

 

 

 

==============================

■(2)編集後記

雑誌の原稿は、ページ数が決まっているため
文字数を意識しながら書いています。
多めに書いて、最後に削り、
編集者がさらに削るため、多少文字数オーバー気味で原稿を送ります。

住宅の瑕疵検査の書類は、文字制限がありません。
原稿を書く癖で、削りそうになる時もありますが、
できるだけ無駄だと思える部分も残すようにしています。

今記載している書類は、瑕疵が多いため、かなりのページ数になりそうです。
これを書き終えるまで、時間の余裕がありません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る