ブログ

事例1178 「基礎パッキンのずれ」

今後、確実に空きの時間が増えるはずなので、
欠陥写真を頻繁にアップしていこうと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎パッキンのずれ」
_______________________

◆写真解説

基礎パッキンが大きくずれている。
本来、土台下に納まるように真っすぐ敷く。

 

◆内容説明

10年ほど前までは、基礎パッキンは柱下など部分的に置くタイプが多かった。
最近では全ての土台下に敷くロングタイプが多くなり、
今回紹介したような、ズレをよく目にするようになった。

アンカーボルトを締める際、ズレを気にしていないことが原因。
このあたりの施工に関しても、大工の性格が出ます。

躯体荷重がかかる部分では、あとから修正することが困難。

 

◆対策

床組時にパッキンのズレをチェックする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

ダイワハウスや一部のゼネコンが現場を止めるようです。

期限は来月6日から10日くらいまでですが、
さらに延長になるかもしれません。

ダイワハウスは社員の感染者が多く出たためですが、
大手ほど、同様に休業が増えると予想しております。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影