ブログ

事例1182 「屋根防水リフォーム不備」

今日の名古屋の気温は30度くらいまで上がっていると思います。

お昼くらいに屋根裏へ入り、その時点で屋根裏は35度近くありました。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根防水リフォーム不備」
_______________________

◆写真解説

リフォームで屋根防水工事を依頼。
排水ドレンまわりの亀裂を処理しなかったため、雨漏りが直らない。

 

◆内容説明

屋根防水が劣化していたため防水改修工事を依頼。
その工事は、防水塗料を全体に薄く塗っただけのもので
既存の雨漏りの原因である亀裂などの不具合は、修理されていない。

リフォーム業者は、既存の状態に適した改修方法を提案せず、
安価で済む塗装だけを職人に指示をしたようだ。

全般的に雨が漏っていて、全面的な改修が必要な状態。
リフォーム業者が行った塗装は、無駄になる。

 

◆対策

屋根防水工事は、工法、耐用年数、保障内容を確認し、
施工内容を決める。

 

 

==============================

■(2)編集後記

中国で子供がマスクをして運動をし、命を落としているニュースを見ました。

普通のマスクは、息が荒くなると酸欠になりやすい。
大人なら頭が痛くなった時点で外せば、問題ありませんが、
子どもが先生に言えなくて頑張ってしまうと危険です。

私が検査を始めたころ、普通のマスクを着用し、床下に入っていました。
毎回、頭が痛くなりましたが、酸欠だと気づいたのは、ずいぶんあと。

今では呼吸が楽な防塵マスクを使用しています。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る