ブログ

事例1184  「ホールダウンボルトの埋込み不足」

事務所前の名鉄高架工事を見て、最近思ったことは、
コンクリートの打っ放しがきれい。

住宅の現場では、床下面は見えなくなる。
外周部は仕上げるため、表面のきれいさに気を使わない現場がほとんど。

少しの手間できれいになりますが、
最近は最少人数でコンクリートを打設している現場が多いため、
仕上げに関することに、手間をかけられないようです。

 

■(1)今回の事例______________

「ホールダウンボルトの埋込み不足」
_______________________

◆写真解説

柱の引抜きを防止するホールダウンボルト、基礎への埋込み不足。
約50mm。

 

◆内容説明

柱に大きな引抜き力がかかるのは、大地震時。
または、かなり猛烈な強風時。

設計の段階で、柱の引抜き力を算定し、
必要な箇所にホールダウンボルトを入れている。

アンカーボルト類は、太さ、埋込み長さの数値が大きいほど
引き抜きに対する強度が高くなる。

埋込み長さが不足をすると、所定の耐力が確保できない。

法改正があった当初(今から20年前)に比べ、最近は、金物の種類が増え、
埋込み長さもいろいろ。
金物をよく理解していないと、間違っているかどうかの判断も付きにくい。

 

◆対策

使用材料をあらかじめ理解し、施工時に埋込み深さを確認する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

大手ハウスメーカーの営業の方が、展示場にお客さんが来ないと
言われておりました。

家の計画がある方においても
第2波の懸念もありますし、経済状況も気になると思います。

こういった状況が続けば、新築着工棟数はかなり落ち込むと予想します。
今現在着手している現場は、新型コロナ流行前に契約した方がほとんど。

夏ころには目に見えて着工が減ってくるかもしれません。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る