ブログ

地盤沈下した新築住宅

今日、東海地方も梅雨明けしそうです。
梅雨明けを待ち望んでいましたが、猛暑になるのも現場がつらいです。

先日、地盤沈下している新築住宅の立ち合いに行きました。
私が沈下データを示していますが、施工者側も自ら確認したいと言ったためです。

測定の結果、沈下が進行していることが判明。
数字だけを見るとわずかではあるが、約10ケ月で30%も沈下が進行。

今回、私がでたらめを言っていると思い、自分たちで計測したかったと思います。
測った結果が、自分たちにとって都合が悪い、沈下の進行が判明。

結果を検討の上、何らかの回答がある予定。
ベタ基礎の面積が大きな家で修理費用が莫大にかかります。
「問題がない範囲の沈下、修理はしない」と言ってくるかもしれません。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影