ブログ

事例1194 「火打ち梁、ナット締め未施工」

多い時には2時間以上、連絡業務に時間を割きます。
連休などは、連絡がほとんど入らないため、
それだけで非日常的な雰囲気を感じることができます。

 

■(1)今回の事例______________

「火打ち梁、ナット締め未施工」
_______________________

◆写真解説

火打ち梁ボルト締め未施工。大半の箇所で同様にナットが締まっていない。
本締めを忘れたたまま完成。

 

◆内容説明

1,2ケ所程度なら締め忘れ、チェック漏れがあるとしても
1軒の家でかなりの数、ボルトが締まっていなかった。

建て起こしまで、本締めを行わず、
目についた部分だけ締めた他は、緩んだまま完成。

構造的に重要な部材であり、仕口の緩みは
家の耐震、耐風性能に影響を及ぼす。

 

◆対策

ボルトの緩みは、気にしないと目につきにくい。
構造検査時にボルト締めの全数検査を行う。

 

 

==============================

■(2)編集後記

名古屋は本日、40度近い最高気温予想が出ております。
明日からも全国的に高温の予想が続きます。

現場予定がないのは、今日まで。
今週、標高1000Mくらいの場所での予定もありますが、
これだけ暑いと2000Mくらいの高地でないと、涼しくありません。

気温が高いと空調服も涼しく感じなくなります。
暑さを覚悟して、明日からの現場予定に備えないといけません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影