ブログ

事例1195 「キッチン吊り戸の反り」

この時期、車の外気温計をよくチェックします。

今日も名古屋市に近づくほど温度が上がってくる。
反対に冬は、付近の平地より気温が低め。
住みにくいと言われる理由の一つです。

 

■(1)今回の事例______________

「キッチン吊り戸の反り」
_______________________

◆写真解説

キッチン吊り戸、底板の反り。原因は湿気。
新品に交換しても再度、反りが出た。

 

◆内容説明

結露調査で伺った家。湿気の影響で吊り戸底板に反りが発生。
底板の材質はMDF(木質繊維を原料とする成型板の1種)。
湿気を大量の含み、吊り戸内部の物の重さで反りが出た。

最近ではフローリングの基材に使用されるなど
よく使われる材料。湿気に強くはないが、
一般的な室内環境であれば問題はない。

 

◆対策

湿度が高い場所での選択を避ける。

 

 

==============================

■(2)編集後記

結露調査の解析力を上げるため、気象の勉強を始めました。
気象予報士を目指すわけではないので、関係がないところは飛ばし、
水蒸気のことを主に学んでいこうと思います。

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る