ブログ

事例1196 「断熱材未施工」

木曜日から今日までの3日間は、現場予定がかなりタイトでした。
そんなときに限って、現場で喧嘩を売られることも多かったです。

私を攻撃したい理由は、検査(私)が嫌。
それは、施工に自信がない証拠です。

瑕疵保険の検査員は威圧すれば、引っ込みますが、
私は立場が違うため、そうはいきません。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱材未施工」
_______________________

◆写真解説

最上階、天井断熱材未施工。
オレンジ色の部分約2平米に断熱材が敷かれていない。
これ以外の箇所も未施工多数。

 

◆内容説明

断熱材の仕様はグラスウール。
天井断熱材は、点検口が1つあるものも目視不可能。

赤外線サーモグラフィーカメラで撮影をすると
壁と天井の何箇所かで断熱材の未施工が発覚。

樹脂サッシを入れるなど省エネ性を意識している家。
断熱材の未施工部が多ければ、省エネ性能がかなり落ちる。

 

◆対策

一般的に未施工の確率は低いが、グラスウールやロックウールは
施工の不具合が出やすい。目視に加え、赤外線サーモグラフィー
カメラ撮影を行う。

 

 

==============================

■(2)編集後記

台風10号が気になって仕方がないです。
愛知県は影響が無さそうですが、九州地方が心配です。

勢力が大きいのは、海水温が高いため。
海水温が高い影響は、6月くらいからの家の結露増加にも影響しています。

前にも書きましたが、結露調査に役立つと思い、気象の勉強を少ししております。
台風についても以前より詳しくなりました。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る