ブログ

事例1198 「土台未施工」

健康診断の結果に「軽度の肥満」と書かれていました。

ケガ防止のために体幹を鍛えている影響で
体全体が一回り大きくなり、体重が増加傾向。

体は重くなっていますが、この1年、ケガもしなくなりましたし、
不安定な足場などでの体の安定感は増しました。

 

■(1)今回の事例______________

「土台未施工」
_______________________

◆写真解説

土台が未施工のため、アンカーボルトが丸見え。
図面どおりでない施工。

 

◆内容説明

上に耐力壁ではないが、壁が載る箇所。

その箇所の土台が欠品。大工が手待ちを嫌い、
土台未施工のまま作業を進めた可能性が高い。

普通は作業を中断し、材料を待ちます。

図面どおりでない施工であり、施工業者に修理を求めます。

 

◆対策

1階床組時、または完成時に床下を確認する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

夏場の結露発生時期は過ぎましたが、
結露被害の相談、調査依頼が多いです。

かなりの数、調査させていただいたため、
被害データがたくさん蓄積できました。

昨年から家の仕様、構造を見直す必要性を訴えておりますが、
建築系のマスコミ含め、反応が悪いです。

被害がもっと顕著にならない限り、業界の意識は変わりません。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る