ブログ

事例1201 「ジャンカ、コールドジョイント」

久しぶり、夕方に打ち合わせなどの予定がありません。

昼間は現場、夕方からは打ち合わせ、相談等を入れていると
ゆとりの時間がなく、ブログなどが後回しになります。

 

■(1)今回の事例______________

「ジャンカ、コールドジョイント」
_______________________

◆写真解説

鉄筋コンクリート造の壁。改修工事で断熱材を撤去したところ、
多数のジャンカ、コールドジョイントが出てきた。
新築時、断熱材でコンクリート表面が見えず、発見できなかった。

 

◆内容説明

スタイロフォームなどの断熱材を型枠に張り付け
コンクリートを打設する工法。

あと貼りに比べ、断熱材が確実にコンクリートと密着して良いが
今回の例のようにコンクリートの施工不良を発見できない。

住宅の基礎でも同様の施工があるが、
高さが低い分、打設時の不良は出にくい。

品質のチェックや、打設時の型枠への振動を考慮すると
断熱材はあと施工が良い。

 

◆対策

断熱材はあと施工にする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

検査の問い合わせは、メールを入れていただくように案内しております。

ホームページ通りの内容でしたら電話だけでも問題ありませんが、
記載以外の検査や交通費が加算される場合は、金額を口頭で伝えると
あとで金額の食い違いが出ることがあります。

事務所の電話は記録を残しておりますが、
出先で携帯から掛ける場合は、記録が残りません。

金額以外に、瑕疵検査などは、いろいろ聞き取ることが多く
メールで連絡を頂いていると、多少時間が経過していても
過去の内容を見返すことができます。

一部、メールを使い慣れていない方にはご不便をおかけしますが、
確実な業務委託のため、メールでの問い合わせを今後も続けていきます。

携帯キャリアからのメールやショートメールにも対応しています。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る