ブログ

事例1202 「構造用合板 釘抜け」

明日は瑕疵検査。明後日は裁判。
共に東海地方の物件ではないため、移動に時間を取られます。

最近は高速道路の工事が多いので、
余裕をもって出かけたいと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「構造用合板 釘抜け」
_______________________

◆写真解説

構造用合板の釘(L=50mm)が裏側の受け材を突きつけている。
受け材の向きを付け間違えたことが原因。

 

◆内容説明

受け材のサイズは30×40mm。
合板が9mmのため、50mmの釘を打ち抜けないようにするには
釘を打つ方向に40mm面を設置する。

写真のように40mm側を見つけ面に向ければ、釘を打つ面が広くなり
施工しやすい。そのため、大工さんが向きを勘違いしやすい。

合板の耐力壁が、釘で持っていることを考えれば、
釘の先が抜けてはいけないことが分かると思います。

 

◆対策

構造躯体施工完了時に検査をする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

家の工事費用に「仮設」という項目がある。
内容は、仮囲い、足場代、清掃片付け、ごみ処分などの費用。

通常、実費清算はしないため、余っても返金はない。

そのため、節約すれば、会社の利益が増えるが、
現場の安全や保安が不十分になる。

会社の利益を増やすためではなく、ただ単に監督さんが
怠慢で仮設を省略しているケースが多い。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る