ブログ

事例1210  「棟換気未施工」

昨日の午後から、出先でパソコンがネットにつながらなくなりました。
スマホで代用できる部分もありますが、できないものもあります。

普段、スマホ、タブレット、パソコンを使い分けています。
複数台あると、効率の悪い部分も多く、
できるだけ統合できないか考えています。

 

■(1)今回の事例_____________

「棟換気未施工」
_______________________

◆写真解説

棟瓦をめくり、棟換気の有無を確認。換気開口が施工されていなかった。

 

◆内容説明

「建築工事標準仕様書・同解説 JASS12 屋根工事」
日本建築学会 2020年改訂版において、棟換気の内容が追記されるなど
屋根の頂部である棟に換気を付ける設計が増えています。

写真は屋根断熱の家。
内側にウレタンがあり、棟換気が確認できないため、瓦をめくって
開口の有無を確認したところ、棟換気が未施工だった。

屋根断熱材の外側に通気層を設ける場合、
通気層内の空気は湿気やすい。頂部で空気を排出できないと
結露により屋根が腐朽しやすい。

 

◆対策

図面での指示が不十分なケースが多い。
図面に明記し、施工中に棟換気の有無を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

就活の学生に人気があるハウスメーカー。

求人倍率が高く、優秀な人が集まっているかと思えば、
その会社の現場監督の大半は、やる気がなく、ルーズな人が多い。
連絡をしても無視、検査に立ち会わない、是正書類は5回くらい
催促してようやく出てくる。

仕事の内容よりは、会社のブランド、待遇の良さで会社を選び
(私もそうでした)
仕事してみたら、やりがいがなかったというパターンで、
辞めたくても、今より待遇が下がるので、辞められず
ダラダラ過ごしているように思います。

監督さんが比較的優秀なのは、数社だけです。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る