ブログ

事例1212 「屋根改修工事の不備」

緊急事態宣言中のため、いくつか欠陥検査を保留しています。
出張がないと、3時起きや長距離移動をしなくて済むため、体は楽です。

ただ、保留した分、解除になってからは、忙しくなりそうです。

 

■(1)今回の事例_____________

「屋根改修工事の不備」
_______________________

◆写真解説

屋根改修工事を行ったが雨漏りが発生。
改修工事で既存(カラーベスト)の上に新たな金属屋根材を施工した際、
ルーフィング施工を忘れたことが原因。
(写真は新設屋根材を一部めくった状態。ルーフィングがない)

 

◆内容説明

既存屋根を撤去すると処分費や解体手間がかかるため、
屋根や外装においては、新しいものを既存の上からかぶせる
カバー工法での改修が多い。

屋根の防水は、通常、仕上げ材とルーフィングの2つがセット。
改修の際、古いルーフィングは劣化しているため、当然、
新たなルーフィングの施工が必要なことは、プロならわかるはず。
業者が無知なため、施工を省略した。

新たに施工する材料の施工マニュアルを読めば、
ルーフィングが必要なことが記載されている。

多くの職人、現場監督はマニュアルを見ない。

 

◆対策

業者の良し悪しは、新築よりリフォームの方が見極めが難しい。
慎重に業者を選び、工事中は自分で写真を撮り、記録を残す。

 

==============================

■(2)編集後記

ここ数年、社内検査を外注に委託するケースが増えている。
私が現場を見る限り、自社できちんと検査している会社の方が圧倒的に品質が良い。
第三者検査を入れてますという謳い文句に騙されてはいけません。

先日、全棟、外注の検査会社に検査を委託している会社の現場に入った。
重要な屋根通気の納まりに大きな問題があり、今まで指摘を受けてないか
訪ねたところ、言われたことがないという回答でした。

何社か業者向けの検査会社がありますが、どこも似たような感じです。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影