ブログ

事例1234 「レベラー硬化不良」

今日午後の現場、風も入らない屋根直下にいた所、
熱中症になる不安を感じました。

10月に30度超え。名古屋は今日だけでなく
ここ数日、続いております。

 

■(1)今回の事例_____________

「レベラー硬化不良」
_______________________ 

◆写真解説

基礎レベラーの硬化不良。
チョークで文字が書けないくらい柔らかい。

 

◆内容説明 

基礎天端から10mm程度は、水平を出す「レベラー」の
施工があるのが一般的。
写真は、施工時に水が少なかったか、撹拌不足か、
固まる前に水を足したのか、何らかの原因で硬化していない。

基礎の一部分であり、本来であれば十分強度も出る材料。

この件は、1階床を組まれてしまうと分かりにくい。
新築の基礎完成検査で、年に1,2件指摘をします。

 

◆対策

基礎完成時に硬化具合をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

明日は遠方の裁判に出るため、朝早く出発します。

翌朝、電車が止まるなどのリスクを考え、
前日に現地入りすべきだと思いますが、
前日の現場検査予定が多いと難しいです。

クラウドサーバーを使うなど、どこでも仕事できる体制に
していますが、事務所での仕事が一番効率が良いです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影