ブログ

事例1235 「擁壁崩壊」

住宅に関する情報を、毎日チェックしています。

最近、壁内結露に関する内容がいろいろ出てました。
違うでしょという内容も多く、特に夏型結露は
多くの業者が理解できていません。

建材の組み合わせが多数あるので、一概に整理、判断するのは
難しいですが、図面チェックなどで○✖が容易に付けれるように
していきたいと思います。

 

■(1)今回の事例_____________

「擁壁崩壊」
_______________________ 

◆写真解説

大雨で擁壁が崩壊。人への被害は無かったものの、下の建物が一部損傷した。
現場を調べたところ、自然災害ではなく、違法造成と手抜き工事が原因である
ことが判明した。

 

◆内容説明

詳細を説明するには、1枚の写真だけでは難しいため
簡単に説明をいたします。

約7Mの高低差がある土地。
猛烈な大雨が降った日の夜。擁壁が崩壊した。

当初、大雨が原因で崩壊したと思いましたが、
現地を確認したところ、杜撰で違法な施工が行われていた。

年数が経過しているため、施工者へ責任を負わせることは
難しいと思いますが、人の命を奪いかねない事故。

造成時、でたらめな工事をチェックする機能が働いていなかったようです。

 

◆対策

違法行為、手抜きは建物だけではありません。
最近は、雨の降り方が異常。
事故が起きないためにも、造成工事の監理を強化する。

 

==============================

■(2)編集後記

最近の傾向として、ネットで調べたことを信じ、
プロの意見を聞かない、又は、疑う人が増えているように思います。

医者の知人と雑談した時にも、
同じような事を感じていると言ってました。

私は定期的に歯医者などに通いますが、
不安な治療を提案されても、全て先生にお任せしています。

家の場合でも軽微な問題以外、あれこれ自分で思い悩み調べるより、
プロに任せることをお勧めします。
(もちろん、いい加減なプロに頼んではいけませんが)

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影