ブログ

事例1243 「土台、大引きの大きな割れ」

今月は、週一のペースで欠陥検査を行っています。
今までの3回は全て県外、そのうち2回は飛行機移動。
移動や書類作成で忙しくしております。

現在も欠陥検査の問い合わせ、依頼が多く、
来月もこのペースが続くと思います。

 

■(1)今回の事例_____________

「土台、大引きの大きな割れ」
______________________ 

木材ひび割れ

◆写真解説

土台、大引きの大きなひび割れ。
ひび割れによる断面寸法のばらつきが大きく、
床の水平精度が悪くなっている。

 

◆内容説明

完成後数年経過したあとに検査に入ったため、
もともとこの状態の材料を納入したのか
あとから割れたのかは断定できません。

しかしながら、床下の湿気がひどかったようで、
未乾燥材を入れてあとから大きく割れた可能性が高い。

木材はひび割れても、強度的に影響が無いケースがほとんど。
とはいえ、ここまで大きく割れると、寸法が広がり
床の仕上げ精度などに影響が出る。

床の水平を測定した結果は、良くありませんでした。

 

◆対策

今の時代、柱や梁に未乾燥材を使っている現場を
見かけないですが、屋根部や床部等は、未乾燥材を
使用している現場がある。

無垢材を使用する場合、乾燥材を使うか確認する。
(集成材は乾燥しています)

 

==============================

■(2)編集後記

昨年検査に行った家。
和解の報告を頂きました。

和解なので、ある程度、妥協した内容もありますが
1件落着です。

相手業者は、基準などを無視して、好き勝手に
家を造っている印象。

趣味の延長で仕事するのは良いことだと思いますが、
ルールだけはきちんと守っていただきたいと思います。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影