ブログ

事例1248 「サイディングの汚れ」

先週、これから建てる方の見積書をチェックした際、
昔に比べ確実に値上がりしていると思いました。

戦争が始まったことで、さらなる資材高騰が懸念され
家を建てる方には条件が悪くなっています。

 

 ■(1)今回の事例_____________

「サイディングの汚れ」
______________________ 

外壁汚れ

◆写真解説

サイディングの汚れ(藻、苔、カビ)。
築浅でも汚れがひどく、美観を著しく損傷している。

 

◆内容説明

外壁に藻などが付き、ハウスメーカーに連絡をすると、
よくあることで自然現象だから、自分で洗ってくださいと
言われるケースが多い。

藻などの付着を完全に防ぐことは難しく、少々であれば
仕方がない。しかし、写真のようにひどく汚れている場合は、
建物の設計や施工に問題があることが多い。

被害のひどい家に共通している内容として、
サイディングの色が汚れが目立ちやすい白系。
また、藻などが付くには水分は欠かせないため、
軒がなく、壁に雨が当たりやすい家、その他、
外壁通気層の施工に不備がある家が多い。

 

◆対策

周辺環境を見て、対策を講じる必要があると判断した場合、
濃い系の色のサイディングを選ぶか、外壁をガルバなどにするなど。

外壁通気を十分機能させることは、汚れに関係なく
建物の耐久性に影響するため、重要です。

 

==============================

■(2)編集後記

今月すでに、2つの裁判に参加しました。

建築紛争の当事者になった方が口をそろえて言うことは、
「こんなに、いい加減な場だと思わなかった」

今回も主張している主旨が、一部、ずれていて
説明をしても、聞く耳を持ってくれません。

そんな状況でも最終手段として裁判は必要で、
納得する、しないは別として、解決には有効です。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る