ブログ

事例1252 「鉄筋切断」

GWの直前と直後に遠方の検査を組んでおります。

コロナの影響で、未だ飛行機の便が少ない、欠航しているなど
の影響を受け、2ケ所ともハードなスケジュールを組みました。

新型コロナで制限が出てから、3回目のGW。
そろそろ、元の状態に戻って欲しいですね。

 

■(1)今回の事例_____________

「鉄筋切断」
______________________ 
コア抜き鉄筋切断

◆写真解説

コア抜き(孔のあとあけ)したコンクリート片。
よく見ると鉄筋の断面が見える。
鉄筋の位置を確認しないまま、基礎に孔をあけ、
鉄筋も切断した。

 

◆内容説明

コア抜きを社内規定で禁止しているにもかかわらず
コア抜きをして、鉄筋まで切ってしまった。
現場監督の段取りが悪く、設備業者がスリーブを
入れ忘れたことが原因。

今回の例では、強度とかぶりの問題があるが、
ハウスメーカー側は、強度は計算により問題ないことを
確かめ、かぶり不足については、あけた孔を塞いだ。

鉄筋コンクリートのマンションやビルでも
コア抜きにより鉄筋が切られていることが多く、
割とよくある事例です。

 

◆対策

コア抜きの必要がある場合、鉄筋位置を調べ、
かぶりを確保して孔をあける。

 

==============================

■(2)編集後記

建築費の高騰は、木造より、鉄筋コンクリートや重量鉄骨で建てる方に
影響が大きいようです。

最近、これらの構造で建築する複数の方の相談に乗りましたが、
建築業者が予想外の金額を提示しているようです。

特に住宅においては、木造に比べ、施工する業者が限られます。
競争が木造より少ない分、リスクを取ってまで仕事を取ろうと
しないようです。

建築費は今が一番安い。今後、さらに上がるという予想をしている人も
多く、情報収集を続けたいと思います。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影