ブログ

事例1251 「クロスのカビ」

「首都圏マンション価格バブル超え」
というニュースが昨日出てました。

戸建てに関しても、今後、予想以上に価格が上がってくる
可能性があります。

住宅に関することは、食品や日用品と違い、あまりニュースでは
取り上げられないため、関係者からの情報が頼りです。


■(1)今回の事例_____________

「クロスのカビ」
______________________ 

クロスのカビ
◆写真解説

湿った石膏ボードにエアコンの冷気が当たることで結露が発生、
クロスにカビが生えた。石膏ボードが湿気る原因は、
床下の湿気が壁内に上がってくるため。


◆内容説明

入居1年目の夏からカビが発生。ハウスメーカーに伝えるが
対応を先延ばしにされ続け、4年が経過。
しびれを切らした施主が、私に調査を依頼してきた。

業界側の人は、結露やカビが発生しても、それは普通のことで
問題ないという認識の人が多い。
だから、苦情を申し出ても対応が悪い。

原因は、付近に配管スペース(パイプシャフト)があり、
1階床を貫通する配管まわりの隙間が埋められてないため、
床下の空気が壁内、1階天井裏に入っていた。
また、天井埋め込みのエアコンの吹き出し口が壁に近く
壁が必要以上に冷えるため。

写真のようにクロスが黒ずむレベルのカビは、
室内空気の汚染レベルは、最高ランクになる。

部屋を閉め切れば、確実にカビ臭がしますし、人体に何らかの
支障が出る可能性が高い。


◆対策

夏場の湿った床下の空気を室内へ入れないため、
1階床を貫通する配管、配線まわりをコーキング処理する。
(最近の職人さんは、言わなくてもやってくれる人も増えてますが
大半は、言わないとやらないです)

 

==============================

■(2)編集後記

家は何年かすると、いろいろ手を加えたいところが出てきます。
最近はDIYブームで、ホームセンターやネット上で、好みの資材や
工具が手に入りやすいです。また、施工方法もYouTube上に多数ある
など、DIYが容易になっています。

それでも、自分では無理という箇所も出てくると思います。
その時は、部分的に職人さんを頼ると良いです。

電気屋さんや水道屋さん、クロス屋さんなどは、事務所に看板が出ているので
飛び込みでも対応してくれると思います。
看板が出ていない、大工さんなどは、紹介してもらうのが良いと思います。

 

 

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影