ブログ

事例1272 「梁、緊結不良」

検査の指摘を無視するケースが稀にあります。
自分に跳ね返ってくるのに、どんな理由で無視を
するのか、理由を尋ねてみたいです。

おそらく、理由はなく、ただ、やる気がないだけ
だと思いますが。

 

■(1)今回の事例_____________

「梁、緊結不良」
______________________ 

ボルト締め未施工

◆写真解説

梁接合部、ボルトによる緊結未施工。
同じような箇所が他にもあり。
地震時に梁が抜けて倒壊につながる可能性あり。

 

◆内容説明

木構造の接合ボルトの抜けや緩みは、よくある事例です。
数が多いので、チェック漏れが起きやすい。

写真は、ナットを入れていないので、引っ張られると
スポッと抜けてしまいます。
けれど、他の梁の絡みがあるので、そうはならない可能
性が高いですが、継ぎ手はきちんと緊結しておく必要が
あります。

 

◆対策

見落としがないよう、複数の目で検査をする。

 

===========================

■(2)編集後記

11月は、スケジュールの余裕がありませんでした。
週何時間働いているか計算したことはありませんが、
スケジュールがきつく、休みもない時は、軽く週80
時間は超えていると思います。

経営者の方は、業務はスタッフに任せているケースが
多いですが、私は自ら、現場に出て、書類も書いて
います。つまり、働いた分、検査業務の経験が増えま
す。平均的な労働時間の倍働けば、経験も倍です。

また、他所が首を突っ込まない、ややっこしい業務を
受けるので、経験している内容も濃いです。

ペースを落とそうと考えながら、紹介による依頼は
ほぼ無条件に受けてしまうため、紹介案件が重なると、
猛烈に忙しくなります。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2023/02/09
住宅瑕疵担保責任保険
2023/02/08
耐震等級3
2023/02/04
紛争処理
2023/02/01
冬の備え
2023/01/30
品質管理の実施具合

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影