ブログ

引き渡し拒否

建物が完成(実際は内部仕上げ工事の大半が未施工)。
確認申請の検査済証も下り、請負代金も払い、登記も
完了、それでも請負業者が建物を渡さない現場があり
ます。

渡さない理由は、追加代金の未払い。

追加代金と言っても、引き渡し間際に請求されたもの
で、金額も一千万超。
自社の打ち合わせ、設計ミスによるものの補修費用と
安請負した結果、下請けからの請求を締めると、利益
が無いことに気づき、利益分を請求していると思われ、
施主にとっては納得できる内容ではない。

正式な引き渡しがなくても、建物に住んだ上で、
追加代金の争いをすれば良いですが、住めないまま
争うと、家賃と住宅ローンの2重払いが続きます。

また、登記もされているので、住まないまま、築年数
が増え、家の価値が下がります。

話が進まないまま、すでに1年半経過。相手の出方に
よっては、さらに長期化する可能性もあります。

完成時の高額な追加請求は、過去に多くありましたが、
杜撰な業者は淘汰され、最近では珍しくなっています。

それでもある一定数は存在するので注意してください。


安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2023/02/09
住宅瑕疵担保責任保険
2023/02/08
耐震等級3
2023/02/04
紛争処理
2023/02/01
冬の備え
2023/01/30
品質管理の実施具合

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影