ブログ

事例654『石膏ボードの種類が違う』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
朝一番は紛争現場の打ち合わせ。
そこまでは1時間半かかりました。
次の現場はそこから2時間かけて移動。
これだけ移動が多いと、車に乗っている時間が
長く感じます。
■(1)今回の事例_________
「石膏ボードの種類が違う」
_________________
 
強化ボード
 
◆写真解説
天井の石膏ボードの種類が違う。
設計は強化ボードを指定。
現場は普通の石膏ボードが施工されている。
強化ボードは写真の壁の色と同じ。
色で種類で区別できます。
◆内容説明
準防火地域の木造3階建て。
防火性能をクリアするために
設計で強化石膏ボードを指定しているが
発注ミスで普通のボードが施工された。
強化石膏ボードは、
ガラス繊維などを加えて耐火性能を強化したボード。
工事中でもあり、張り替えてもらいました。
◆対策
クロスを張ってしまうと区別がつかない。
工事中にチェックする。
======================
■(2)編集後記
「設計事務所は信用できない」
あるお客さんがお友達に言いふらしています。
設計監理を直接依頼しても、元請けのみならず、
下請けまで自分と仲のいい業者を選ばせ、
何かと業者の味方をした。
そんな甘い関係だから、完成した家は出来が悪い。
建築士を信頼しない話を聞くと
同じ建築士として非常に残念です。
悪い風習を断ち切って、いいイメージになることを期待します。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影