ブログ

傷物を値引きなしで売る

今朝、書きました肩の激痛。
痛みに耐え、4件の現場予定を済ませ、
夕方病院へ行ってきました。
診断の結果は、関節にカルシウムのかたまりが
付いていました。これが痛みの原因でした。
手術は必要なく、自然に溶けていくようです。
痛み止めも打ち、明日からは正常に仕事できそうです。
------------------------------------
「住みだせば、必ず傷がつくから、
完成時の傷を直さなくていいでしょう」
現場監督が現場でつぶやいた一言を聞き逃さなかった。
多くの現場関係者の本音でもあるでしょう。
こんな現場監督にあたると、傷も嫌々直され、
下手な補修で済まされるでしょう。
車でも何でも、商品は使い出せば傷がつきますが、
新品で、傷物を値引きせずに売るのは
建築業界だけでしょうか。
職人の腕、気遣いで、傷の数は変わります。
同じ住宅メーカーの家でも、
傷だらけで、細部の仕上げが雑な家がある一方で、
素晴らしい出来の家もあります。
両方の出来を知る機会があれば、
悪い方をつかまされた方は、良い方と同じ値段という事も、
納得がいかないでしょう。
仕上げが雑ですと、見えない箇所を疑いたくなります。
見える個所が雑な現場は、
間違いなく見えない箇所も雑です。
瑕疵検査をすれば、大きな問題が出る可能性が高いです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影