ブログ

事例661『ウレタン断熱の圧力』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
夕方、一旦自宅に車を置き、電車で移動。
そのまま事務所に戻ったため、
今日は電車で帰らないといけません。
終電は12時04分。
あと1時間しかありません。
普段、電車を気にしながら仕事することがないため
不思議な感じです。
■(1)今回の事例_________
「ウレタン断熱の圧力」
_________________
 
ウレタン吹付
 
◆写真解説
ウレタン吹付によって、外側の防水紙が
膨れ上がっている。
外壁材が張れない、通気層を塞ぐ、
防水紙が伸びるなどの影響がある。
◆内容説明
ウレタンやセルロースファイバーなどの断熱材を
直接防水紙へ吹き付けると、吹付の圧力で
このようになることがあります。
これらの断熱材メーカーは
外壁側に構造用合板などの施工を推奨していますが、
コストがネックで使用できない現場も多いです。
◆対策
防水紙に直接吹き付けない。
吹き付ける場合は、防水紙の製造メーカーに
施工してよいか確認の上、防水紙の留めつけを
頑丈に行う。
==================
■(2)編集後記
高速道路を走る機会が多いので、飛び石による
フロントガラスの破損が年に1回くらいあります。
先週も石が当たり、1.5CMくらいの傷、ひびが入りました.
以前は任意保険を使ってガラスを交換しても、保険料が
据え置きでしたが、最近、割増に変わってしまったため、
小さな傷であればリペア業者に依頼し直しています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影