ブログ

ビー玉の転がり

こんな質問が来ました。
「昨日、さんまのからくりTVでやっていた
芸能人の家の欠陥事例。
ビー玉が転がれば、欠陥であり、業者に修理を
要求できるのか」
ビー玉
(↑数年前、私が解説したニュース番組で使われた画像)
傾斜の程度が大きくなくても、ビー玉は転がります。
地盤沈下でない床の傾斜の場合、何が原因で
床が下がっているかを見極める必要があります。
梁はある程度、たわむことを想定しています。
想定内であれば、ビー玉が転がっても
瑕疵とは判断されず、修理の要求は難しいです。
今現在、床が下がった家を修理させています。
梁にかかる屋根荷重、床荷重に対し、構造の設計が
不適切であったために大きく梁がたわみ、
大地震時に危険と判断したからです。
テレビは、ビー玉が転がるところなど
絵的な分かりやすさを求めます。
本来、木造3階建ては、構造、防火違反を疑うべきです。
床の傾斜だけをクローズアップすれば、
ビー玉の転がりだけを気にして、隠れた瑕疵の存在を
気にしなくなります。
教養番組ではないので、仕方がありませんが、
視聴者のためになるような構成にして欲しいですね。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影