ブログ

事例673『たて枠(柱)の位置ズレ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日の瑕疵検査は計8時間かかりました。
午前中だけで疲れ果て、2日に分けたい気持ちになりましたが
何とか1日で終わらせることができました。
「家がおかしいと素人が感じたら、
必ず大きな問題が発覚します」
今日の現場もそうでした。
■(1)今回の事例__________
「たて枠(柱)の位置ズレ」
__________________
 
梁補強
 
◆写真解説
2×4。床梁を受けるたて枠(柱)の位置がずれている。
本来、梁の真下にないといけない。
◆内容説明
約450mm間隔でたて枠(柱)が入っているが、
大きな力がかかる梁下へは、さらに梁幅と同じ幅の
たて枠を入れ、力を受ける必要がある。
図面上で、見落としがちな事項。
躯体が組みあがってから現場で気づいた場合でも、
あとから入れることは可能です。
◆対策
躯体検査時のチェック項目で
梁下を注意して見る。
=================
■(2)編集後記
検査中は非常に集中しています。
頭の中で、これのどこを見て、次は・・など、
考えることがいっぱい。
意外と現場の騒音は、集中力に影響ありません。
最も集中力が切れるのは、「話しかけられること」
その次に「付いて歩かれ、独り言が聞こえてしまうケース」
これらを依頼者が知らず知らずのうちに
やっているケースがあります。
はっきり言いにくいため、態度で分かるように
信号を送っていますが、気づいてもらえないケースが多いです。
集中力を欠くと見落とす可能性が高くなります。
検査に集中するため、できるだけ検査中は
ひとりにさせてください。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影