ブログ

事例675『間柱の釘の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
連休中、雨の日もありましたが
組んだ予定を遂行できました。
疲れがやや残っていますが、
いい気分転換になりました。
■(1)今回の事例_________
「間柱の釘の不備」
_________________
 
間柱の釘
 
◆写真解説
間柱を固定する釘。構造用でない釘が使われている。
本来、構造用の釘N75を2本打ちしないといけない。
◆内容説明
以前、紛争相手の業者側から
間柱は構造上主要な部分ではないので、
固定方法は自由だという反論がありました。
柱に比べれば、確かに役割は少ないでしょう。
荷重は受けなくても、筋違の変形を抑えたり、
構造用面材をとめたり、外壁、内壁材を受けたりするので、
構造に関係ないことはありません。
構造用面材の大臣認定内容に
間柱はN75、2本打ちとなっているものもあります。
構造部分に構造釘を使う必要があることを、
一部の業者は認識していません。
構造用の釘かどうかは、
釘頭、胴部の径を見れは分かります。
◆対策
躯体組み立て時に、釘をチェックする。
=====================
■(2)編集後記
新築検査依頼の方へ、30分の無料面談を行っています。
時間は30分に設定していますが、平均は1時間。
もちろん追加料金はいただいておりません。
検査の説明が主ですが、図面などを見て、
トラブルになりそうなことをアドバイスしていきます。
だいたい、間違えやすい、トラブルになりやすいことは
決まっています。
事前に業者へ注意を与えることで
トラブルを減らすことができます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影