ブログ

耐震等級を信用してはいけない 

躯体検査に行った現場。
耐震等級3(最高等級)で設計されている部分に疑問がわいた。
耐震等級計算は、壁だけでなく水平構面の計算も行います。
2階の床は、単体で計算するのに、
屋根と2階天井(小屋梁)部分は合算して計算する。
屋根、小屋
(写真は本文の現場と関係ありません)
検査した現場は、屋根だけが頑丈で、小屋梁の水平構面が柔い。
合算での計算なので、これでもOKになりますが、
屋根だけが頑丈でも、その下が弱ければ意味がありません。
耐震等級計算をしているのは、工務店の下請けで
こればかり専門にやっている会社。
安全率を見るよりは、ぎりぎり設計したほうが
経済的なので工務店からは喜ばれる。
工務店も計算の中身を検証するのが面倒なので
出されたものを、そのまま疑いもなく施工する。
連休前に欠陥検査に行った現場も、
長期優良住宅で耐震等級3でした。
計算書をチェックしましたが、ほとんどの部分で
安全率がほとんどなく、ぎりぎり設計。
耐震等級を取らない家よりは、強いでしょうけど
期待するより、強くない可能性が高いです。
計算上OKが出ているものでも、おかしいと思うことは
検査で意見を付けています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影