ブログ

事例692『人通口の幅』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
完成時、メーカーに対し不満を持っている
建築主が非常に多い。
不満の多くは約束を守らない。
家は出来たものを買うわけではないので
この不満が多くなります。
■(1)今回の事例_________
「人通口の幅」
_________________
人通口
◆写真解説
基礎の人通口。
基礎の弱点となりやすく、
位置や幅に気を付けないといけない。
幅は600㎜程度が一般的。写真は約800㎜ある。
◆内容説明
基礎の人通口は文字通り、人が通るためのもの。
設置する位置や、鉄筋補強が本来重要ですが、
木造2階建てまでは、構造検討の必要がないため
構造的な配慮がなく設計されている現場が多い。
ある大手FCでも配慮されていません。
今回は幅が広すぎる。フラットの仕様書などで
幅は600mm以下とある。
◆対策
基礎図面をチェックする。
========================
■(2)編集後記
「ツイッターとフェイスブックそして
ホリエモンの時代は終わった 梅崎健理著 講談社」
という本をタイトルにひかれ読んだ。

ツイッターとフェイスブックそしてホリエモンの時代は終わった (講談社プラスアルファ新書)/講談社
¥907
Amazon.co.jp

SNSが勢いを増している中、その反対の意見。
その理由の一つに本音がいいにくく
面白くなくなっている。
発言者はツイッターと実社会で建前と本音を使い分けている。
内容にもよりますが、確かに本音を書くことは勇気が要ります。
やはり真の情報は、実際に会って得ることが重要ですね。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影