ブログ

暑さ対策

強烈に暑くなりました。
熱帯夜といわれる気温は25度以上。
室温が25度~28度ならエアコンは不要ですが、
夏場、夜の部屋の温度は、外より高いです。
夜、気温が下がっても、室内の温度が高いのは
壁や天井が熱いからです。
断熱材があるおかげで、熱も逃げにくくなっています。
省エネ住宅の評価で、断熱材の性能だけを考えがちですが
夏場は断熱材が熱くならないことも大事。
そこで有効なのが「遮熱シート」。
車のサンシェードや窓の日よけと同じような役割をします。
小屋裏空間があれば、今からでも施工が可能。
断熱材の上に敷くだけで効果があります。
(壁は、新築時でないと施工が出来ません)
↓ 青い部分が遮熱シートを実験的に敷いた箇所で
  温度が周囲に比べ10度以上も低い。
遮熱
(写真はI.P.PさんのHPより引用)
最上階の暑さ対策として非常に有効で、
省エネ効果は抜群です。
材料費はメーカーによっていろいろですが、
1平米あたり500円くらい。
30坪の総2階建の家なら、天井分の値段は25.000円。
(切り売りでない場合は、ロール単位の購入になります)
透湿タイプとそうでないものがあるため、
家の状況に合わせ、材料を選ぶことも重要です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影