ブログ

事例702『配管埋め込み』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日は遠方の現場へ向かっています。
列車での移動のため、ミドルサイズのスーツケース
に道具が満載。
あまりの重さに名古屋駅までは車で移動しました。
検査は午後から、大雨が降らないことを祈ります。
■(1)今回の事例_________
「配管埋め込み」
_________________
 
配管埋め込み
 
◆写真解説
構造躯体に影響なく埋設管の維持管理ができるように、
長期優良住宅ではベタ基礎スラブに配管を埋め込めない。
未だにそのことを知らない業者がいます。
◆内容説明
長期優良住宅、フラット35S、省令準耐火など
特別な仕様を選択しても、これらに対する現場検査がないため
仕様と違う施工をしても通ってしまう。
業者も指摘を受けないので、いつまでも間違ったまま。
余分に費用を出したのに、未施工では割が合いません。
◆対策
今回紹介した配管の埋め込みなどは
素人さんでもチェックができます。
長期優良仕様などは、間違っている確率が高いので
要チェックポイントです。
======================
■(2)編集後記
台風の影響で大雨の被害が各所で出ています。
昨日保険屋さんと話していたら、
自然災害による火災保険の支払いが増えているようです。
被害の中でも床上浸水は、
家や家財への被害が大きいです。
土地にもよりますが、住宅の基礎を高くしていく
ような配慮が今後は必要だと思います。
木造住宅の基礎の高さ。法律では地面から30CM以上。
フラットや長期優良住宅は40CM以上。
基準ぎりぎりではなく60CMとかにしている家もあります。
高さを10Mに抑えたい3階建て以外は、
ある程度基礎を高くすることは可能です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影