ブログ

新しくても危険な木造住宅

今日、こんなニュースが配信されていました。
震度6強~7程度の大地震でも倒壊しないとされる
「新耐震住宅」でも、建築基準法が再改正される
2000年5月以前に建った木造住宅の約8割に
十分な耐震性がないことが、日本木造住宅耐震補強
事業者協同組合(木耐協)の全国調査で分かった。
簡単に言うと、築14年より古い木造住宅の約8割は
十分な耐震性がない。
2000年6月に木造の構造に関する大きな法改正があり
法改正以前の建物は弱いという事です。
では、築14年以内であれば安心かというと
そうではありません。
法改正を知らない無知な業者によって建てられた
住宅が数多く存在します。
私が検査で多くの現場を見てきた経験から言うと
法改正が、ほぼ100%理解されたのは、
2010年頃だと思います。
かなりの田舎へ行くと未だに2000年改正の法律を
守っていない現場もあります。
耐震性に関することは、普段生活していて
気づくものではありません。
大地震が来て倒壊しても、自然災害だから仕方がない。
時効ですと言われる可能性が高い。
不安な方は、確かな専門家に見てもらいましょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影