ブログ

事例713『梁切欠き』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
忙しい時ほど、体に痛みが出てもそのままにしがちです。
昨日、筋肉のハリがひどく長時間座っていられない
状態になりました。
ひどくなる前にストレッチなどをすれば防げるのに
忙しいと、忘れてしまいます。
■(1)今回の事例_________
「梁切欠き」
_________________
 
梁貫通
 
◆写真解説
配管を通すため梁を切り欠いている。
外側に構造用面材の施工があり、端部の
連続貫通は耐力を落とす。
◆内容説明
木造住宅では梁を貫通、もしくは切り欠かないと
配管や配線が通らないことがある。
梁のサイズに余裕があれば、多少の切欠きは問題ない。
写真のように、耐力面材の端部となる
梁部に連続穴あけすると耐力が落ちることもあります。
現場監督が常駐しない住宅の現場では
職人が勝手に施工するケースがほとんどのため
こういったケースは良く見かけます。
◆対策
無計画な配管貫通を禁止させる。
=======================
■(2)編集後記
東京で建築現場の放火が相次いているようです。
木造住宅は火に弱いイメージがあり
放火もしやすいのでしょうか。
木造住宅で火災に強い仕様「省令準耐火」が増えています。
この仕様は基準が細かいため、検査すると
かなりの高確率で間違った施工を目にします。
火災保険が安くなるメリットで飛びつきがちですが
施工がいい加減では、いざという時に危険です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影