ブログ

事例719『屋根結露』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今回の台風は雨も風もすごかったです。
また、吹き返しがかなり強いです。
今日は足場の上にいる時間が長く
強い風を一日感じました。
■(1)今回の事例_________
「屋根結露」
_________________
 
屋根結露
 
◆写真解説
屋根の結露。部屋の水蒸気が小屋裏にこもり、
屋根面で結露を起こしている。
ひどくなると、屋根をふき替えないといけない。
◆内容説明
今でも、小屋裏の換気を取らない。又は不足している。
屋根断熱の場合に通気を取らない現場があります。
勾配天井で屋根結露を起こすと発見は早いですが、
普通の天井ですと、気づかないケースがほとんど。
20年目に気付いて、キノコが生えていたという例もあります。
◆対策
フラット35の規定以上に小屋裏換気量を取る。
屋根断熱の場合は、通気層を確保。
上記が難しい場合は、小屋裏へ湿気を入れない
気密工事を確実に行う。
========================
■(2)編集後記
紛争になると相手へ請求をする修補費用を
出さないといけません。
弊社は検査専門で、建設物価に精通していないため、
他へ委託して見積もりをしてもらいます。
裁判所に金額を削られるから、高い見積りを
出して欲しいという要望が多い。
ただ、請求金額が増せば、弁護士の着手金が増えますし、
相手も建築屋なので、単価や数量を操作すれば気づきます。
意味なく増やしても、有利になることはないでしょう。
正しい主張をしていくことが大切です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影