ブログ

日本のサッシ性能

昨日の面談で、サッシの性能について質問を受けました。
そのあと思い出したのが、業界紙の今月号でサッシ性能
についての記事があったこと。(日経ホームビルダー11月号)
主な内容を紹介すると
・日本の窓の最高基準は、韓国や中国の最低基準程度しかない。
・アメリカは50州のうち24州でアルミサッシが禁止されている。
国産サッシといえば、アルミがほとんど。
内側だけ樹脂のタイプが増えていますが、このタイプで
韓国や中国の最低基準程度しかない。
今まで何年もアルミ主流で製造してきた工場ラインを
樹脂に替えることへのメーカー抵抗と、都市部など一部地域での
防火性に対応するため、日本では樹脂化が遅れていると思います。
ただ、ようやく最近になって国産メーカーも樹脂サッシの販売を
始め、YKKは北欧基準レベルのサッシを出しました。
今現在、大手ハウスメーカーでサッシの断熱性能が高いのは
一条工務店とスウェーデンハウスくらい。
今後、他メーカーも樹脂サッシ化していくと予想します。
建てたあと、サッシ交換は容易ではありません。
あとで内窓を付ける選択肢もありますが、結構な費用がかかります。
これから建てる方は、樹脂サッシを検討するとよいでしょう。
価格は樹脂サッシの方が高いです。
選択肢を増やすなら、輸入品を見てみるのもよいでしょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影