ブログ

事例725『鉄筋同士のあき不足』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
消費税が10%に上がるのか、延期なのか
論議が活発になっています。
住宅業界は8%後の落ち込みが激しい。
そのため、10%に上がって欲しいという期待と、
上がれば上がったで、また落ち込みがあるため
どちらがいいとは言えない状況だと思います。
■(1)今回の事例__________
「鉄筋同士のあき不足」
__________________
 
鉄筋あき
◆写真解説
鉄筋同士のあき不足は、付着強度、ひび割れ、
コンクリート打設不良などに影響する。
この現場では32mmのあきが必要。
◆内容説明
長期優良住宅などで、基礎の上に広い開口部が
来る場合、主筋に沿わせ補強筋を入れることがある。
職人さんが規定を知らないと、
写真のように近接して鉄筋を施工してしまう。
鉄筋同士には適切なあきが必要。
異形鉄筋あきは、以下の3つのうち
最も大きい数字を確保する必要がある。
・呼び名の1.5倍・・・D13なら19.5㎜
・粗骨材最大寸法の1.25倍・・・25㎜なら32㎜、20㎜なら25㎜
・25㎜
(JASS5の規定)
◆対策
コンクリートを打設する前に検査をする。
======================
■(2)編集後記
欠陥住宅紛争の相手の会社が、事務所から15分くらいのところにある。
ホームページを見ると、家の完成写真がきれいに載っています。
その他、完成したお客さんへのインタビューなどイメージを
よく見せるように作られている印象です。
ホームページだけでは会社の裏側は分かりません。
社員は真面目ですが、仕事に対する士気が低く、
改善する気がない人たちばかりです。
ホームページに騙されてはいけません。
実際に担当するスタッフ、職人を見極めましょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影