ブログ

事例727『2階床の下がり』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
検査中の現場で、監督の髪の毛に接着剤が付いた。
接着剤を取るには髪を切るか、
シンナーで取るしかないそうです。
接着剤、木のヤニ、固まる前のウレタン断熱材は
髪の毛や服に付くと厄介です。
現場へ行くときは、気を付けてください。
■(1)今回の事例_________
「2階床の下がり」
_________________
 
2階床の下がり
 
 
◆写真解説
新築後すぐに2階の床が下がり、窓下などに隙間ができた。
躯体に未乾燥の材木を使用。変形が大きいことが原因。
◆内容説明
未乾燥材は乾燥する過程で縮みます。
また、経年変化による梁のたわみ量も乾燥材の約2倍。
よって、床などの変形が大きくなる。
窓下の隙間以外に、床の傾斜がきついなどの
症状が出ています。
大工さんが材料を調達し、手加工する場合に
未乾燥材が使われることがあります。
原則、未乾燥材を構造部分に使ってはいけません。
◆対策
材木の種類などを事前に確認する。
========================
■(2)編集後記
新築住宅の受注額。大手ハウスメーカーは消費税8%の
駆け込みの影響で1年間、前年同月比を下回っていました。
昨年10月から受注の落ちこみが始まったため、
先月はようやくプラスに転じる会社が出てきたようです。
駆け込みによる工事集中で、職人がいなく、
プロでない職人の施工による欠陥住宅が造られたケースが
たくさんあります。
本当は、閑散期に建てるのが一番良いです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影