ブログ

外壁タイル

自宅(築11年)の外壁タイルの一部が剥離した。
(部分的なタイル張の木造住宅)
乾式工法での施工。
剥がれた個所は南側の一部。
日本建築防災協会の統計資料(1998年)によると
タイル張り外壁の故障が確認されるまでの経過年数は
平均13.6年。
築10年から15年の間で、不具合が多く出るようです。
剥離の原因は、やはり日射の影響でしょう。
表面温度変化で起こる膨張・収縮の繰り返し応力が
関係しています。
10年過ぎているため、自分で修理しました。
今は接着剤が飛躍的に改良されていて、
新しい家のタイル剥離は少なくなっています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影