ブログ

事例546『構造金物のビスの不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
ある業者の担当者で、とてもいい加減な人がいます。
現場の工程をほとんど把握していなく
それを信用し検査に行くと、出戻ります。
スタッフには、文句を言うのではなく
自分から予定を確かめないとダメだと言っています。
自己防衛は何事においても大事です。
■(1)今回の事例_______
「構造金物のビスの不備」
_______________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-構造金物
 
 
◆写真解説
柱と梁を固定する金物のビスの先が出ている。
規定のねじ込み長さが不足するためNGです。
◆内容説明
梁と梁を固定するナットが飛び出さないように
座彫りしてある箇所にビスを打ってしまった。
取り付けた大工さんも、片側からしか見ていないと、
この状況を気づかないでしょう。
これら構造金物は、認定品を使います。
軽微な内容かもしれませんが、
ビスの長さが短ければ、認定内容と異なる瑕疵となります。
◆対策
今回のような事例は、ナットの緩みを全数検査する過程で
見つけました。構造検査では細かく見ることが重要です。
===============
■(2)編集後記
小さなミスがあると、他まで疑われるため
ナットの締りを全数検査するなど
大手は細部まで気を使うようになりました。
しかし、今回のような事例を、
許容範囲だという業者も未だにいます。
そういう業者は契約前に、見抜くように心がけましょう。
契約時にいろいろ質問や要望をぶつけると
品質に疎いかどうか分かります。
質問の内容をはぐらかし、
「創業何年、信頼を重視してやってきた。信用してくれ」とか、
「瑕疵保険の検査(一応第三者)があるから大丈夫」など
の回答をする業者は要注意です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影