ブログ

適当な基礎の人通口

基礎には人が通るための「人通口」がある。
人通口は基礎の大きな開口であり、構造的な弱点となる。
2階建ての住宅の基礎は構造計算が不要。
瑕疵保証会社も、人通口までは審査していない様子。
つまり、業者任せであり、きちんとした基準がうたわれていないため、
適当に設けられ、鉄筋の補強もずさんに施工されていることが多い。
フラットの仕様書には、少し基準が書かれています。
・人通口の下部は、D13補強筋で補強する。
・幅は600mm以下
・柱間隔が91cmを超える下部に人通口を設ける場合は、構造計算を行い
 適切な補強を行う。
これを守っている現場は一部の大手を除き、ほとんどない。
↓写真は幅約1Mの人通口
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-人通口
大地震が来て、人通口部の破損が大量に発生するまでは
基準の明快化や審査の義務付けは期待できません。
現状では、私たちのような施主側の建築士が
チェック、指導していくしか改善方法はありません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影