ブログ

事例580『基礎を切断』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
梅雨入りしたようです。
今週は、雨で予定が動く現場が多い。
週末の予定がかなり変わりそうです。
■(1)今回の事例_________
「基礎を切断」
_________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-基礎切断
 
◆写真解説
完成後に基礎を切断した。
鉄筋を切ることもよくないが、かぶりも足らない。
(30mm必要なところ20mm弱しかない。鉄筋が13mm)
◆内容説明
設計図で点検のための人通口を設けるのを忘れ、
完成後に基礎を切断した。
最近のブログにも書きましたが、人通口は基礎の弱点になりやすい。
あとあけすれば、鉄筋が切られ、補強もないため
弱くなることは確実です。
また、かぶりが不足しているため、耐久性も劣る。
◆対策
基礎図を事前にチェックする。
人通口の位置や補強について、基準が曖昧なため
適当な場合が多い。構造に詳しい建築士がチェックをする。
===============
■(2)編集後記
昨日検査に行った現場で、現場監督の様子が暗かった。
どうやら、会社に入ったばっかりだけど、
辞めようか悩んでいたらしい。
会社に入りたてで、好き勝手できないため仕事が面白くない。
上司と合わない。
など理由はいろいろのようです。
私は会社員ではないので、そんな悩みは無縁。
ただ、スタッフが思うように育たないなど、違う悩みがあります。
ブラック企業と言う言葉が流行るように、
今は労働環境の問題が多いような気がします。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影