ブログ

事例583『防火被覆未施工』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日検査に行った現場は、屋根に遮熱シートが施工されていました。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-遮熱シート
午前中は天気がよく、遮熱シートが太陽光を反射するので
眩しくて、じっと見ていられない。
施工する屋根屋さんは大変でしょう。
■(1)今回の事例________
「防火被覆未施工」
_______________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-防火被覆
 
◆写真解説
準防火地域の木造3階建て。ダウンライト開口に防火被覆がない。
所定の防火性能がなく、他部屋へ延焼しやすい。
◆内容説明
準耐火建築物。
室内の壁や天井の隙間は、
(例えば、コンセントやスイッチなど)
全て防火被覆で処理する仕様。
写真はダウンライトを検査で外したところ。
不燃性の断熱材(ロックウールなど)で覆うなどの処置がない。
準防火地域の木造3階建ては、防火の仕様が厳しい。
業者が施工基準を知らないケースが多く
大半の建物が違法状態です。
◆対策
準防火地域の木造3階に該当する場合、
防火の施工基準を図面に添付し、造作途中でチェックを入れる。
==================
■(2)編集後記
当社の欠陥検査後、業者は報告書に記載した瑕疵を認め、
「できる限り」の修補をした現場がある。
「できる限り」・・・・完成した家は修補に限度がある。
この家、見える箇所だけでも構造にたくさんの瑕疵がありました。
しかし、直したのは指摘をした箇所だけ。
見えない部分は、壊してまで確認していませんし、
施主さんと業者も、そこまでは合意していません。
施主さんは、これでは納得できず
いい争いを続けていると、業者の代理人から「訴状」が届きました。
今年に入り、住宅着工数が増えているにも関わらず
新築検査依頼が激減していると、仲間の検査会社が言っていました。
業者が忙しく、依頼する側の方が検査を入れることを
遠慮してしまうこともあるようです。
裁判も大変ですし、完成した建物の欠陥処理は、費用がかかるため
業者も簡単に応じません。
工事中のチェックの重要さを、もっと広めないといけません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影