ブログ

事例599『基礎パッキンのズレ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日、財布を事務所に置いて出かけてしまいました。
幸い今日はアシスタントが1日一緒だったので
免許不携帯の心配はなかったです。
出かけるときに、持ち物が多かったので
忘れてしまったようです。
■(1)今回の事例________
「基礎パッキンのズレ」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-基礎パッキン
 
 
◆写真解説
施工が雑なため基礎パッキンが横にズレている。
建物の荷重を支える重要な部材。
雑な施工が許される箇所ではありません。
◆内容説明
現在、床下の換気を基礎パッキンでとる家がほとんど。
施工に慣れてしまっているため
あまり気を使わなくなっているのかも知れません。
現場は2×4。土台幅約90mm。基礎パッキン幅約100mm。
多少基礎パッキンの方が広く、少々の施工誤差は
カバーできるようになっています。
◆対策
建物がのってしまうと動かない。
土台伏せ時にチェックをする。
====================
■(2)編集後記
来週あたり、検査の予定が入らない日があれば、
夏休みを取ろうと思っていますが、
依頼を受けている検査予定を見ると、やや難しそう。
現場が動かない13~15日くらいしか休めそうにありません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影