ブログ

事例601『鉄筋かぶり不足』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
ここ最近の暑さはこたえます。
室内に居ても暑い。
かがんでいて立つと、頭がくらくらしますし、
ズボンまで汗で濡れます。
1日現場に居る職人さんは強いですね。
■(1)今回の事例_________
「鉄筋かぶり不足」
_________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-かぶり 
◆写真解説
一目瞭然な鉄筋のかぶり不足。
基礎幅は15CM、中心から大きく端へずれて、
型枠から2CMしか離れていない。
◆内容説明
ベタ基礎の立ち上がり。
鉄筋がずれているにも関わらず修正をしていない。
指摘しなければ、コンクリートが打たれていた。
この箇所の必要かぶり厚さは3CMです。
◆対策
ネットで調べれば基準が分かるため
かぶり不足を自分で見つけるお客さんが増えています。
寸法を測るだけなので、簡単にチェックできます。
===================
■(2)編集後記
最近、見落とさない方法を考えています。
人の目は意識したものしか見えないので、
ある面を見ていても、気にしないものは見えてきません。
現場で検査をしていて、同じ箇所を2回目に見たとき、
1回目よく見たはずなのに、不具合を発見することがよくあります。
今いろいろ、こうしたらいい
みたいなことを試しています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影